スカルプDに配合されているエタノールの危険性

スカルプDのシャンプーの成分で、サリチル酸以外に注意したい成分が「エタノール」です。

エタノールはアルコールの一種で、高い殺菌効果と清涼感があることで知られています。

また、防腐剤の代わりとして使われることも。

エタノールは、シャンプーだけでなく、化粧品にもよく使用されており、美容成分を邪魔することなく配合することができるため、非常に使い勝手の良い成分です。

ただ、エタノールに関しては、サリチル酸以上に危険性を心配する口コミが多いのも事実。

なぜなら、エタノールは皮膚刺激が強いため、肌を乾燥させたり、炎症を起こしたりする作用があるからです。

しかも刺激はサリチル酸以上に強いので、注意ですね。

実際、エタノールを素手で触ると、手がささくれ立つように荒れることもあるため、通常素手で触ることはないぐらいのものです。

肌への刺激以外の影響はありませんが、やっぱり頭皮をいたわりたい人にとっては「悪」であることは間違いありません。

口コミでも「エタノールなし」のシャンプーを探している人は多いようですね。

頭皮への優しさが売りであるスカルプDにエタノールが配合されている理由はわかりませんが、成分表を見ると、役割は「清涼剤」とされています。

エタノールは少量でも高い清涼感を出すことができるため、恐らく男性が好む清涼感を出すために少しだけ配合しているのでしょう。

少量なら安心して良いでしょう。

ただ、使い続けるうちに皮膚刺激を感じるようであれば、使用はすぐにストップしましょう。