シャンプーを正しく使って刺激を最小限に

スカルプDのシャンプーに含まれる注意したい成分として、サリチル酸とエタノールを挙げましたが、これらはどちらも化粧品やヘアケア商品によく含まれている成分なので、あまり神経質に考える必要はないのでしょう。

おススメ記事→エタノール入りのシャンプーは頭皮や髪に良いの?悪いの?《URL:http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20141102/Kamimado_000975.html

とくに、スカルプDは他のスカルプシャンプーに比べて安全性の高い成分を多く使用しており、アレルギーテストをした上で販売しているので、よほど敏感肌でなければ気にせず使って大丈夫です。

ただ、気をつけたいのは使用方法です。

口コミをチェックすると、スカルプDを使って刺激を感じたことがあると言う人も多いですが、それはもしかすると洗髪方法に問題があったのかもしれません。

抜け毛を気にする男性は、抜け毛が増えないように優しくシャンプーをする人がほとんどですが、「抜け毛は頭皮の汚れのせいだ」と言わんばかりに、ガシガシと頭皮をかきながらシャンプーする人もいます。

確かに、頭皮の汚れは抜け毛の原因の一つであるため、頭皮を清潔にすることで抜け毛量を減らすことは可能です。

ただ、ガシガシと洗うと頭皮に傷をつけることになり、普通に使えば刺激をほとんど感じないサリチル酸やエタノールの刺激が感じやすくなる場合があるのです。

傷ついた地肌に皮膚刺激の強い成分が付着すると、ピリピリと感じる上に、場合によっては炎症を起こす可能性もあります。

スカルプDは、独自の洗浄成分の働きのおかげで、こすらなくても十分頭皮と髪をきれいに洗いあげる力があります。

配合成分を気にすることは大切ですが、正しい洗髪方法を知ることも大切ですね。

正しくシャンプーをできている人は、刺激を受けることなく、順調にスカルプDの効果を実感していると、口コミではよく書かれています。